SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
JALマイルを3.45倍早く獲得する方法


飛行機に乗るようになってから、航空会社のマイルを貯めるようになりました。ぼくはJALのマイレージを貯めています。マイルというと飛行機に乗ったときにもらえるものという印象をもっていましたが、実際には日常生活でマイルを貯める手段がたくさんあります。

ショッピングマイルといってクレジットカードを使った分がマイルに換算されるのは当然として、マイルの学校というマイルを効率よく貯める技を紹介しているサイトに載っているような、様々な方法があります。

このサイトはとても色々な技が載っていて情報量はすごいのですが、それだけに読むのが疲れます。ぼくの場合は何度も読み返してみないと理解できませんでした。

しかし、がんばって読んで自分も試してみて、ようやくその一例を理解することがでたので、この方法を紹介したいと思います。



色々あるマイル獲得系のサイトを読んで、すぐに理解できなかった理由を考えてみたところ、すべてテキストでやり方が書いてあることがイメージが沸きにくく理解しにくかった原因と思い、JALマイルを3.45倍貯まる方法を図に起こしてみました↓。(クリックで拡大)



まず、この方法を実践するには元となるJALカード、スマイルパーソナルカード、NICOSプレミオまたはNICOSセサミストリートの3枚のクレジットカードを持つ必要があります。(応用編などはもっとたくさんカードが登場します)

この時点で、マイル獲得に興味がない人は記事を読む気をなくすかもしれません。しかし、一度加速度的にマイルが貯まる方法の恩恵に与ると、普通に現金で支払いをするのがもったいないくらいに思うようになると思います。

それから、この3.45倍マイルを獲得する一例を実戦するには、それぞれのカードのマイル移行に必要な有料のコースを申し込む必要があり、JALカードの維持費以外に年間6千〜8千円くらいかかります。

人それぞれカードの利用額が違うので一概には言えませんが、よほど切りつめた生活をしている人を除いて、多くの人は普通に月々の支払いをこの方法で行うことによって、年間にかかる費用以上のリターンはあると思います。

まずは何事もチャレンジしてみて、実際に確かめてみてみることが大切。それで合わなかったらやめればいいわけだし、それまでにかかった費用だって授業料だと思えばいい。そういう気持ちでやってみました。



図を見ながら解説します。青い線はお金の流れを表し、赤い線はマイルの流れを表しています。お金の流れの順番は 銑い僚腓任后8酋發濃拱Г人は、これらのステップを飛び越えてしまうので、マイルは発生しません。

JALカードで支払うと、100円/0.5マイルという低レートで換算され、年間2100円払ってショッピングプレミアムを申し込むと、100円/1マイルの換算になります。これを基準とします。

大まかな流れは、まずスマイルパーソナルカードで支払い、そのカード利用料金をNICOSカードからチャージしたEdyを持ってコンビニで支払うことにより、1回の支払いでスマイルパーソナルカードとNICOSカードの二重にマイル(に移行できるポイント)をゲットできるというわけです。

(この時点でついてこれなくても大丈夫です。ぼくも最初意味がわかりませんでした)

最初は複雑に思えるかもしれないですが、理解すると割とシンプルです。ちなみに、日経新聞などでも類似の方法が記事になったことがあります。



まず、携帯電話の料金や日々の生活費など、カードで支払えるすべての支払いをスマイルパーソナルカードで支払います。銀行引き落としで支払っているものの中には、カードで支払い可能なものもけっこうあるので、これらをカード支払いに切り替えます。

スマイルパーソナルカードをつくるときに引き落としの銀行を指定する用紙を送らないことで、月々の支払いはコンビニなどで支払う用紙が送られてきます。

次に、NICOSプレミオかNICOSセサミストリートカードからチャージしたEdy(例としてサークルK/サンクスで売られているKARUWAZAクラブカードにチャージしたとします)を持って、ampm、サークルK、サンクスなどEdy支払い可能なコンビニにてスマイルパーソナルカードの利用料金を支払います。

NICOSカードの料金は普通に銀行引き落としにしておきます。これで、最初にスマイルパーソナルカードで支払った料金は最終的にはNICOSカードの利用料金として支払いが完了します。

100円あたりのマイルで換算すると、スマイルパーソナルカードが2.2マイル / 100円、NICOSカードが1.25マイル / 100円となり、合計3.45マイル / 100円となります。JALカード+ショッピングプレミアムの1マイル / 100円の3.45倍です。



それぞれのカードについて説明します。

スマイルパーソナルカード

------------------------------------
入会費・年会費 無料
(前年度1回以上の利用で翌年度以降も無料)
------------------------------------
公共料金や携帯電話の引き落としや通常の買い物などを、すべてこのカードで支払います。
------------------------------------
カード申込み時に、引き落とし銀行口座について登録しないことがポイントです。(これによりコンビニ支払いが可能となります)
------------------------------------
500円=1ポイント=10マイル
さらに、毎月の累計金額1万円ごとに2ポイント=20マイル
の特典がつくため、これを考慮すると
100円=最大2.2JALマイル
------------------------------------
アプラスとっておきプレゼント・JALコース(3150円/年)
(マイル移行手数料はありません)
------------------------------------

スマイルパーソナルカードの利用料金請求時にコンビニ支払い用紙が送られてきます(銀行口座を指定しないため)。

このときに、NICOSプレミオ(またはNICOSセサミストリートカード)からチャージしたEdyをもってコンビニ(ampm、サークルK、サンクスなど)へ行き、Edyを使ってスマイルパーソナルカードの支払いをします。

注意点は、利用額を25万円までに抑えないと、25万円を超える分はEdy支払いができなくなることです。Edyは1枚のチャージ限度額が5万円で、1回の精算で5枚までしか利用できないため、Edyで支払える金額は25万円までとなります。

25万円を越えると、25万円分まではEdyで支払えますが、残りは現金で支払うことになります。当然ですが、現金での支払いは何の付加価値を生まないのでもったいないということになります。

スマイルパーソナルカードの利用額が25万円を越えそうなときは、越える前にNICOSプレミオかNICOSセサミストリートカードに支払いを切り替えましょう。現在の利用額はネットで簡単に確認できますので、こまめにチェックするとよいでしょう。

また、利用上限を20万円に指定(25万円ではない理由は10万円単位でしか指定できないため)しておくとEdyで支払えなくなることはなくなるので、保険の意味でこのような指定にしておくのもよいかと思います。


NICOSプレミオカード(またはNICOSセサミストリートカード
 
------------------------------------
Edyへのチャージをこのカードから行います。
チャージはパソリ(FeliCaポート)から自分で行います

パソリは購入するか、パソリが無料でもらえるカードを申し込む等で入手しましょう。また、最近のノートパソコンにはFeliCaポートが搭載されているモデルもあるので、パソコンの買い換えの際にはこの点も考慮するとよいかと思います。

Edy ViewerというEdyの無料ソフトでチャージ元のクレジットカードを登録する際、NICOSカードを登録します。これでEdyにNICOSカードからチャージすることができます。

NICOSカードをEdyチャージ専用にしてしまうと、カード会社からカードの更新拒否をされる恐れがあるそうです。適度にNICOSカードも利用しましょう。
------------------------------------
NICOSスマイルクラブ(3150円/年)
に申し込むのがポイントです。

利用金額1000円ごとに加算されるスマイルポイントや、同時に加算されるわいわいプレゼントポイントを考慮して

100円=1.25JALマイル
(NICOSスマイルクラブ加入の場合)
------------------------------------
NICOSカードは、スマイルクラブに加入することによって2種類のポイントがつきます。
------------------------------------
スマイルポイント
100円=1JALマイル
マイル移行手数料 1050円/1回

移行する度に手数料がかかるので、ある程度貯まってから移行したほうがいいでしょう。小分けに何度も移行すると、手数料がネックになって割に合わなくなると思います。
------------------------------------
わいわいポイント
100円=0.25JALマイル
YAHOO!ポイント経由でマイルに移行するとお得
直接JALマイルに移行すると100円/0.2JALマイルですが、
YAHOO!ポイント経由で移行すると100円/0.25JALマイルになります。
------------------------------------
NICOSプレミオカードとNICOSセサミストリートカードの比較
・年会費
 プレミオ → 3150円(次年度〜 3150円)
 セサミストリート → 無料
  (次年度〜 1312円(年12万円以上の利用で無料))


・誕生日月の利用
 プレミオ → わいわいポイント2倍
 セサミストリート → 特典なし

・国内空港ラウンジ
 プレミオ → 国内空港ラウンジ33ヶ所無料利用
 セサミストリート → 特典なし

無料ですませたい人はセサミストリートカードを、飛行機をよく利用して空港ラウンジを利用したい人はプレミオがお勧めです。誕生日月は100円=1.5JALマイルとなります。プレミオはゴールドカードとしては破格の値段でしょう。

余談ですが、ぼくはプレミオカードを使っているので、羽田空港や新千歳空港のラウンジを利用したことがあります。飲み物やパンなどを食べ放題で、ゆったりしたイスやスペースがあり、出発前に有意義な時間を過ごすことができ、大満足でした。(サービス内容はラウンジによって異なります)
------------------------------------


Edy

------------------------------------
Edyは携帯電話のEdyでも提携カードについているEdyでも何でもよいのですが、注意点はクレジットカードについているEdyは、そのクレジットカードからしかチャージできないことがあるという点です。

つまり、Edy Viewerで登録する際、チャージ元のカードとしてNICOSカードを登録できないことがあるということです。そういうしがらみが一切ないということで、サークルKやサンクスで販売している、KARUWAZA CLUB CARDをお勧めします。1枚315円です。


これは純粋にEdyのみの機能で、クレジット機能はついていません。サンクス系の店のポイントカードとしても機能していて、これらのコンビニでの通常の買い物で使用するとカルワザポイントというポイントがつきます。

前述のように、Edy1枚5万円x5枚=25万円分の支払いに対応するため、5枚用意するといいでしょう。5万円を越える支払いの際は、複数のEdyを交換しながら支払います。

店員さんが素人の場合はこれを知らないで「Edyでの支払いは1枚だけ」と言ってくることもあるかもしれませんが、5枚まで使って支払えるシステムなので、逆にそれを教えてあげるといいでしょう。

スマイルパーソナルカードの支払いをEdyで行う場合、手数料として315円かかります。これも年間の支払いコストの一つとして認識しておいてください。

Edyで支払い可能なコンビニはいくつかありますが、ファミリーマートはEdyを2枚までしか使用できず(10万円までしか支払えない)、ローソンは請求書の支払いでEdyを利用できません(現金のみ支払い可)。セブンはEdy非対応です。(上記は全て2007年11月時点)

そのため、このマイルを貯める方法を実践する際には、ampm、サークルK、サンクスでの支払いとなるわけです。生活圏内にこれらのコンビニがない場合はちょっと難しいかもしれません。
------------------------------------

JALカード

------------------------------------
マイル獲得の基本となるJALカードです。
家族の持っているマイルを合算することもできます。
------------------------------------
年会費 2100円〜

通常は「普通カード」でいいと思います。

JCB、VISA、MasterCard等、提携クレジットカード会社を選択できます。ぼくはJALカードSuicaを使用しています。定期外の路線利用時にSuicaとして利用しています。オートチャージが便利です。(オートチャージでもViewポイント発生→JALマイルに交換可)
------------------------------------
100円=0.5マイル
ショッピングマイルプレミアム(2100円/年)加入で
100円=1マイル

ただし、3.45倍マイルを貯める方法を実践する場合は、ショッピングマイルプレミアムを申し込むメリットはあまりないかもしれません。ぼくは最初加入していましたが、途中で解約しました。

その他、フライトマイルやボーナスマイルなどでマイルを貯めることができます。
------------------------------------


これらのカードなどをうまく組み合わせて利用することにより、マイルを加速度的に貯めることができるというわけです。1マイル/100円換算だと100万円使って取得できる10000マイルを、この方法だと30万円弱で手に入れることができるのです。

社会人であれば、ひと月に5万10万は当たり前のように支払いがあると思います。ひと月に5万円の支払いでも、半年で10000マイル貯まってしまう計算になります。

自分ではそんなに使わないという人でも、飲み会の際に幹事をするとかなりの支払額が発生するので、こういう機会はかなりお得です。同じようにマイルを貯めている人がグループにいると、支払い権争奪戦すら起こりかねません(笑)。

応用編として、こういう場合はこのカードを使ってとか、これに加えてこれを使うとさらにお得とか、そういう技はかなりあるそうですが、それを考え出すときりがないので、ぼくは今回紹介した方法を実践しています。



ここまではマイルを貯めるメリットを知っている人向けに通常より3倍以上早く貯める方法を紹介しましたが、そもそもマイルを貯めるとどんなメリットがあるの? という方に、マイルの使用方法を少し紹介します。

基本的なことはJALカードのサイトのマイルの使い方ページを参照してください。JALのサービスとしては無料航空券やクーポン券などに利用できます。

また、提携サービスとして小田急ポイント、Suicaへのチャージ、ローソンパスポイント、YAHOO!ポイントなど、さまざまな提携サービスへのポイントへ変換できます。

マイルに変換しなくても、それぞれのカード会社のポイントは景品や金券などに交換可能です。マイルという形にこだわらなくても、ポイントをうまく貯める方法としてEdy支払いを実戦する価値があるかもしれません。



支払いの流れをまとめておきます。

1.スマイルパーソナルカードで支払う

2.月末にスマイルパーソナルカードの請求書が届く

3.請求額を支払えるだけの金額をEdyにチャージする
 (チャージ元のクレジットカードはNICOSカード)

4.サークルK/サンクスで請求書をEdyで支払う
 (スマイルパーソナルカードの支払い完了)

5.翌月にNICOSカードの利用額が銀行口座から引き落とされる
 (NICOSカードの支払い完了)



これらのカード規約は今後カード会社の都合で改変する可能性があるので、いつまでもこの方法が保証されるわけではないということを頭に入れておいてください。また、クレジットカードの利用は自己責任で計画的に行ってください。

いくらクレジットカードでの支払いが現金で支払うよりお得だと言っても、必要ないものまで買う必要はありません。あくまで、生活する上で必要な支払いをクレジットカードで支払うようにする、ということが重要です。

日頃の支払いで賢くクレジットカードを利用して、効率的にマイルを獲得する方法を紹介しました。みなさんの生活に少しでも役立つことができれば幸いです。



登場したカードについてのリンクをまとめておきます。

スマイルパーソナルカード

NICOSプレミオカード

NICOSセサミストリートカード

JALカード

KARUWAZA CLUB CARD

2008年4月1日追記
記事の投稿当時とは状況が変わっておりますのでご注意ください。今後クレジットカードのEdyチャージに対するポイント付与の廃止などの改悪が進むものと思われます。

また、「コンビニエンスストアでの払込票(収納代行)を用いた「Edy」での支払いの中止について」が発表されていますとおり、すでにEdyで支払えないコンビニもあり、サンクスの7月1日を最後に今後支払えなくなる予定です。

今後はポイント還元率の高いカードでの利用に落ち着くものと思われます。ここに記載されている方法はできませんのでご注意下さい。

| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
FPの勉強します


現代を生きていく上で、本当に必要な知識はなんでしょうか。情報が溢れている情報時代である今、重要な知識を優先して吸収していかないと、厳しい今の時代をうまく生きていけないかもしれません。

自分にとって必要な知識を真剣に検討してみたところ、今の仕事に直結する情報処理やソフト開発系の知識ではなく、FP(ファイナンシャルプランナー)という結論に達しました。

仕事に直結する知識・資格は、もちろん大事ではありますが、最重要ではありません。人生をもっと長い目で、広い視点で見た場合、FPの知識がさらに重要であると判断しました。

今の仕事を天職とし、定年までどっぷり仕事漬けの生活に浸かるつもりなら、今の仕事に直結した知識の習得に力を入れる方がいいと思いますが、自分の場合そうではないので、また別の選択が考えられます。

今の時代は、普通に会社に勤めて定年まで仕事だけしていれば安泰に暮らせる時代ではありません。ファイナンシャル・インテリジェンスを高めることはとても重要です。

今のところFPを仕事として独立開業したりするつもりはありませんが、自分の人生において、要所要所の場面で判断する基準となる知識や先を見通す目を養うという目的で、FP2級の資格の勉強をして資格をとろうと考えています。

すでに通信教育の講座を申し込んで教材も届いたので、3月から本格的に勉強を始めるつもりです。できれば今年9月、間に合わなくても来年1月の試験をターゲットに、がんばりたいと思います。
JUGEMテーマ:写真


| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
退職日


本日付で、会社を退職しました。2週間ほど前から有休消化に入っていたので、あまり実感はありませんが、ひとまず一区切りついたという感じはしますね。



会社に勤めるということは、様々な制限や制約の下、様々なことが自分のコントロールできない状況で多くの時間を会社のために費やすということになる反面、福利厚生や毎月の給料、社会的な地位など、ある種の安心感も得られます。

今のところ、ぼくの考えているプランでは今後一企業に勤めて勤労所得を得るために働き続けるということはありません。経験を積むために整体サロンもしくはリラクゼーションサロンなどに数年努めることはあるかもしれませんが、あくまで経験を積むためであり、その先には独立開業を考えています。

会社員として勤めていたときには無縁だったリスクや苦労などは当然あるでしょう。しかし、そのマイナス面以上のメリットがあると、ぼくには思います。

今はリスクをとらないことがリスクになる時代とも言われています。会社に勤め続けることにも、リスクがあります。親の世代と同じだと考えていると、大きな痛手を被るかもしれません。

先行き不安な時代、大手企業でも倒産はありますし、経営不振からダウンサイジングによるリストラもあるでしょう。それは誰のせいでもなく、会社員としてその企業に勤めることを選んだ自分の責任です。

もし定年まで働いたとして引退した後、老後の生活費は? 退職金で十分? 普通の生活を続けていけるほどの十分な年金が国からもらえる予定? 老後20年生活するのに必要な7200万円とも言われる資金を、どうやってつくりだす? 長生きリスクについて対策をしていますか?

理由はないけど「たぶんなんとかなるんじゃない?」なんてのんきなことを考えていると、数十年後に苦労するでしょう。そして、時間は戻ってきません。「数十年前から準備しておけばよかった」なんてことを思っても、もう後の祭りです。

企業に勤めて働くことが悪と言いたいのではなく、「企業に勤めているだけで安心」と思っている人がいたら、目を覚ましてもらいたいのです。投資などで給与以外の収入源をつくることも可能でしょうし、手段はいくらでもあります。

このあたりのことをもっと真剣に考えてみたいと思う方には、ロバート・キヨサキ著の『金持ち父さん』シリーズの本を読むことをお勧めします。1冊千円台〜2千円台の本ですが、値段以上の価値があるとぼくは感じました。
JUGEMテーマ:写真


| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
携帯版キャッシュフロー101


『金持ち父さん貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキが考案したボードゲーム「キャッシュフロー101」が携帯版アプリになったという情報を得て、最近ぼくもやりはじめました。

何度もプレイしていますが、本当によくできたゲームだと感じました。ちなみに、ドコモとソフトバンク版は以前よりあったようですが、au版は最近提供され始めたばかりです。

ゲームでは実際の人生でも起こりうる株や不動産、ビジネスなどへの投資や無駄遣い、子供の誕生、ダウンサイジングなど、お金に関する様々なイベントが発生します。

プレイヤーは財務諸表(損益計算書、貸借対照表)を使って自分の経済状態の変化を把握しながら投資をしていきます。これにより、本当の「資産」「負債」「収入」「支出」の関係がわかるようになるというわけです。

最初は毎月の給料を主な収入として始まる「ラットレース」を回っていき、不労所得が毎月の支出を超えたら「ファーストトラック」へ移ります。そこで金持ちの投資をしていき夢を叶えるか+50000$のCFが得られるとゴールとなります。

このゲームは一度クリアして終わり、というものではなく、何度もプレイを繰り返していくうちに、ファイナンシャル・インテリジェンス(F.I.)が高まっていくということを目的としています。

ぼく自身、2回目にクリアできましたが、その後は何回かに1回にしかクリアできていません。だいたい破産するか、コンピュータに先にクリアされてしまいます。

このゲームのメリットは、いつでもどこでも携帯さえあれば1人でキャッシュフロー101ができる(ボードゲームでは相手が必要)、月額315円と値段が安い(ボードゲームは21,000円もする)というところでしょうか。

コンピューターが少し弱めに設定されているように思えますが、初心者にはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。運によるところもありますが、F.I.を高めていけばクリアしやすくなっていくことでしょう。

このゲームは『金持ち父さん貧乏父さん』を読んだ人向けのゲームと言えるでしょう。そもそもF.I.を高めなくてはらない理由を理解していない人には、まずロバート・キヨサキ著の『金持ち父さん貧乏父さん』を読むことをお勧めします。


金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん

JUGEMテーマ:写真
| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
金融不安の猛威の中で


米国初の金融不況の影響が猛威を振るっていますね。大手の会社でも大幅な人員削減をしたり、会社が破綻して社員全員を突然全員解雇したり、様々なニュースが世間を騒がせています。

ロバート・キヨサキ氏が著書『金持ち父さん』シリーズで何年も前から警告していたように、今の時代は会社員として企業に勤めることがリスクになる時代です。

大企業でも外資系企業でも、どの業界の企業でも、基本的にはどこも同じだと思います。会社に雇われて働いている以上、勤め続けられるかどうか、それすらも自分でコントロールできません。

「しっかり勉強していい会社に入れば、後は会社や政府がめんどうをみてくれるから、いい暮らしができる」という考えは、もう過去のものになっています。

これからの時代は、ロバート・キヨサキ氏の言うとおり、みんなしっかりとファイナンシャル・インテリジェンスを高めて、自分のビジネスをもっていかなくては、人並みの生活をしていくことすら難しくなると思います。

自分でファイナンシャル・インテリジェンスを高めようとせずにファイナンシャル・アドバイザーに頼ってお金を預けたり運用を任せていては、結局損をする人がほとんどだと思います。

「時間がない」「お金がない」と言って、新たな努力をせずに今までと同じ生活をしていれば、当然ながら何も変わりません。勤めている会社が潰れたり解雇されたとき、他に収入源がなければ、路頭に迷うことすらあり得ます。

大変だとは思いますが、会社に勤めて働きながらでも、収入源を増やす努力をしていかなくてはならないでしょう。今努力するか、後で後悔して困るか、選択するのは自分次第です。

ビジネスの手段は色々あります。ロバート・キヨサキ氏と同じ不動産投資もいいと思いますし、まずは自分で色々と調べてみるところから始めるといいと思います。

多くの人は、準備不足だと思います。まずは今までの固定概念を忘れて、しっかりとした考え方を学ぶところから始めることをお勧めします。『金持ち父さん』シリーズを一通り読むと、考え方が変わると思います。

人は、実際に痛い目に遭わないとなかなか実感がわかないので、今までピンとこなかった人が多かったと思いますが、今のような不安定な状況に危機感を感じた人には、ぜひ何か行動を起こしてもらいたいですね。
JUGEMテーマ:写真


| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
株安


このところの株安で、大勢の投資家達が泣きをみたことでしょう。逆に、今が買い時としてチャンスと捉えて喜んで市場に飛び込んだ人もいたかもしれません。でも、株式投資についてもっとよく考えてください。

ロバート・キヨサキ氏が著書で何度も警告しているように、株や債券、投資信託、預貯金、為替などは自分でコントロールできない投資なので、投資の中ではとても危険な部類に入ります。

車に例えるならば、アクセルやブレーキ、ハンドル、保険など、それらの要素のいくつかが欠けている車に乗っているようなものです。これは恐いですよね。

ハンドルのない車に乗って「道がまっすぐでありますように」と願いながら走っていたり、ブレーキのない車に乗って「障害物が現れませんように」と願いながら走っているようなものです。

「投資=株」という考えしかない方には、もっと考えの幅を広げていただきたいですね。株に投資するお金があるならば、まずはもっと自分に投資して、もっと賢い投資をするようにしていった方が有益だと思います。
JUGEMテーマ:写真


| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
ボードゲーム版キャッシュフロー101


初めてボードゲーム版のキャッシュフロー101(CF101)をプレイしました。携帯アプリ版を何度もプレイしていたおかげでスムーズにプレイすることができ、初プレイにてファーストトラックへ、そして一番でクリアしました。

たけさん宅にお邪魔して、4人でCF101をプレイしました。ぼくは収入の低い職業でしたが、支出も低いので、うまく投資でお金を儲けて不労所得を生み出す投資を買えば、逆転も十分あり得ます。

最初はいい投資のカードを引けず、止まるマスにも恵まれず、収入も低いために他の人たちに遅れをとっていましたが、いい投資のチャンスをジッと待っていました。

後半になってお買い得の不動産が手に入り、マーケットでそれが高く売却できたので多額の現金が手に入り、ようやくBig Dealへ投資できるようになりました。

その後はいい調子で不労所得を生み出す資産を買っていくことができ、終盤でついにラットレースを抜け出すことができました。これも、携帯アプリ版でトレーニングをしていたおかげでしょう。

先に一人ファーストトラックを回っていた人がいましたが、あまりいいマスに止まっていなかったので、ぼくがどんどん追い上げていき、税務監査や離婚で資金を失いながらも、最後はロシアの油田を掘り当ててクリアしました。

このゲームの目的はゲームをクリアすることではありませんが、ファイナンシャル・インテリジェンスを高めてお金に関する考え方やいい投資の見極め方など、ある程度のレベルに達しないと、クリアはおろか、ラットレースすら抜け出せません。

ゲームをプレイしながらお金に関する知性を高め、またコミュニケーションの場としても、とてもよい機会でした。本当によくできたゲームだと思います。

まだこのゲームをまだプレイしたことがない人は、ぜひ一度プレイしてみることをお勧めします。その前に『金持ち父さん』シリーズを一読すると、より理解が深まると思います。

ぼくもまた機会があればプレイしたいですね。また、より上級者向けのCF202もプレイしてみたいです。キャッシュフローゲームは、学校では教えてくれないけど現代を生きる上で必要な考え方を教えてくれる素晴らしいゲームです!

キャッシュフロー 101 (日本語版)
キャッシュフロー 101 (日本語版)

JUGEMテーマ:写真


| お金 | comments(2) | trackbacks(0)
内定取り消し


景気低迷の影響で、全国で内定が取り消しされた学生が300人以上もいることや、失業する見通しの非正規労働者が3万人を超えることなど、ますます厳しい世の中になってきていますね。

もちろん、こういった状況は前々から予想されてきたわけですが、実際に一つずつ予想されていたことが現実に起こってくると、実感を伴って危機感を感じます。

ロバート・キヨサキ氏が著書で何度も書いているように、「いい会社に勤めて働き続けなさい」というアドバイスは産業時代では通用していましたが、今の情報時代では通用しなくなっています。

でも、そのやり方でうまくいってきた大人が子供に同じアドバイスを続けているので、時代と共に様々なルールや状況が変わっていて、そのアドバイスが通用しなくなっているのに、そのアドバイスを鵜呑みにして苦労してしまう人たちがたくさんいます。

Eクワドラント(E:Employee)、つまり従業員でいることは、自分でコントロールできることがあまりにも少ないです。リストラなど、働き続けることすら、自分でコントロールできません。

会社に勤めることが「安心・安定」につながるというイメージは昔の話で、今の時代では必ずしもそれは当てはまりません。世界の名だたる大企業も軒並み人員削減していますから、どんな会社に勤めていても、絶対安心というわけではないと思います。

自分のスキルアップのために、経験のために会社に勤めるのはとてもいいことだと思いますが、会社からの給料だけを頼りに生計を立てることは危険です。

給料日から給料日へ食いつなぐような生活をしていたら、もし失業したら、自分や家族が路頭に迷うことにもなりかねません。昔と比べて、今はこういったことが実際に増えていると思います。

これからの時代は、自分や家族のめんどうは自分でみることができるように、ファイナンシャル・インテリジェンス(お金に対する知性)を高めて、少しずつでも安定した収入を増やしていくことが大切なのだという意見に、全くそのとおりだと思います。

手遅れになる前に、ファイナンシャル・インテリジェンスを高めていくところから始めるべきなのではないかと思います。最初は『金持ち父さん』シリーズを読むところから始めるのことをお勧めします。
JUGEMテーマ:写真


| お金 | comments(0) | trackbacks(0)
1

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.